中学1年生 タブレット活用授業

中学1年生 タブレット活用授業

タブレットを活用したアクティブ・ラーニング実施中!

2020年より新学習指導要領がスタートし、教科書も随時変更になります。
それに伴い、英進館では中学1年生の生徒1人1台のタブレットを活用した授業をスタートしています!
タブレットを活用することで、生徒一人ひとりの学習に寄り添った今までよりも高度なアクティブラーニングの実施が可能となりました。

なぜタブレットを使った学習が必要なのか?

新学習指導要領にあわせて


新学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」を実践するための工夫が施され、思考力の育成に向けた内容へと変わっています。
タブレットを使用した英進館の授業では、同世代の周りの友人やライバルたちの考え・意見にできるだけ多く触れることのできる工夫を行なっています。


入試問題の変化にあわせて


センター試験の後継としてスタートする「大学入学共通テスト」。将来的には、紙の答案用紙ではなく、コンピュータを使って解答するCBT(Computer Based Testing)への変更も検討されています。

タブレットを使用した授業で何ができるのか?

リアルタイムの解答一覧


生徒が解答している内容をリアルタイムで把握できるため、先生が一人ひとりに対しアドバイスや添削が行えます。解答はプロジェクターでクラスメートと共有できるので、様々な視点から学ぶことができます。
さらにクラスメートの解答にコメントや質問を書き込めるので生徒全員が主体的に授業に参加できます


宿題・小テストの管理


宿題や小テストを従来のプリントや教科書に書き込むタイプに加え、タブレット端末上でも実施します。生徒一人ひとりの詳細データを残すことができ、苦手単元を把握できるため、きめ細かな弱点指導の実施が可能となります。

お問い合わせはこちら