英進館 鯉城学院が選ばれる8つの理由

3.時機に応じた習熟度によるクラス分け

集団授業の良さは、自分以外の人の学び方や発想を学んだり、仲間を意識しながら向上心を育むという点にあります。ただし、学力差の大きい集団では、子ども一人ひとりの学習に無理や無駄が出て、効率的な学習はできません。学年により学習の経験値には差がありますし、学ぶ内容の濃さや深さも異なります。その時点での学力に応じたクラスを設置し、必要十分な学習をしていくことが大切です。英進館鯉城学院では、学力差の開く学年になるほどクラスを細分化していきます。受験学年の後半になれば、志望校に応じたクラス分けを意識していきます。
受講クラスは固定ではありません。定期的に行われる学力診断テストや組分けテスト、模擬試験などの結果で定期的に最適クラスをご提案します。

新入館の方のクラスは毎週実施する学力診断テストで受講クラスを決定します。基礎力を測る「学力診断テスト」、応用力を測る「応用力診断テスト」のいずれかをご受験ください(より的確な診断のため両方のテストを受験することもできます)。 小学4年生から小学6年生の方で、四谷大塚組分けテストを受験されている場合、直近の結果をご提出くださればクラス判定をすることも可能です。